2015年07月31日

人魚姫も考えてた

ningyo.jpg

ほ〜。。暑いですねえ。
耐え切れず、こんな涼しげな絵なぞピックアップしてしまいましたが、
昨日は戦後70年によせて企画された朗読公演にいってきました。

敬愛する大先輩の女優さんに久しぶりにお目にかかるため、というのが、
このミッションの目的の半分でもあったのですが、
このかた、純子さんのキャリアは、芝居も人生もなんと私の30年増し!

それなのに、いつお会いしても頭脳はキレキレでお話はとてつもなく面白く、
誇り高いかたなのに、誰もがひと目で魅了されるぐらいお可愛らしい、
ほんものの美人。

この人生で純子さんと出会えて本当によかった〜と嘆息してしまうような、
私の理想の女性、人生の師なのです。

そんなわけで、立っているだけで朦朧としてくるような炎天をさけて、
入った喫茶店でのお喋りは、
も〜天竜川の激流にも負けない勢いで、止まらないとまらない。(笑)

今観たお芝居の話から始まって、この教室のことに知恵を授けてくださったり、
日本の政治や世界情勢、マスコミ論から文化論、女優論、演技論、
恋バナ(笑)、人生の歩き方、などなどなどなど・・・
お茶のおかわりをする暇もない、あっという間の2時間をすごしました。


その中で、あーっと納得させてもらえたのが、国立大学から文系がなくなる話で。

これは、、文明国としては暴挙だろう、というのが私の考えなのですが、
じゃあなぜか、という理由を、明瞭に説明することができずにいたのですね。

でも純子さんが、
「哲学科がなくなるということは、ものを考える人間を絶やすということなのよ」
とおっしゃって、そうだこれだあたしが気分悪くなった理由は、と、
思い当たったのです。

極論すれば、誰かの言いなりになる人間を、国が増やそうとしている、
ということにもなってしまうわけですよね、国立大学なわけですから。

なぜこんな方針を出したのでしょう。

一方では、これからは人間の時代だと言われたりもしていますよね、
もはや労働の大半はロボットやコンピューターが肩代わりできてしまうのだから、
人間でなければできない、個性や感性に根ざした仕事だけが残っていくのだと。

オモテナシ♪ なんてその最たるものなわけで。
矛盾してますよねえ。

なんだか色んなものが、気づかぬうちに極端に走っているように感じられて、
ちょっと、
怖い。
その極端は、たぶん、誰かの「都合がいい」なんでしょうね。

京都大学ではこの方針は受け入れないと決めたそうです。
京大…さすがですねえ。
この国がおかしなことになりそうになるたびに、声を挙げている大学に思えます。
片や、理系の最先端であるIPS細胞を研究しているのも京都大学なわけで。

自分の知性でものを考えることは、反骨精神ともイコールになるんでしょうね。
だから、都合が悪いわけですよ、誰かにとっては。

国立大学に文系がなくなったって、べつに私大で教えればいいじゃないか、
という意見もあるようですが、
私はそうは思いません。

国が税金を使ってこの国の「人間力」を育てることに、意味があると思うからです。

税金の節約などということから発想したのだとすれば、
私たちの国には理念もビジョンもないのだと言っているのと同じことです。
もしも本当に、
ものごとが分かる国民を減らすことを国家が考えているのだとしたら、
右だの左だのの以前に、この国はどうなっちゃうんでしょう。


朗読劇は、ヒロシマの話でした。
素晴らしかった。

命がどれだけ儚いものか、命がどれだけ強靭なものか、
ぐるぐると反芻させながら、
どうにもしようがないことと、どうにかしようのあることについて、
今、自分の頭で考えています。

そう、『人魚姫』だって、ずっとそのことを考え続けていたんだもんね。
(あ、繋がった。笑)