2015年09月14日

本読み教室、出航しました♪

kao02.jpg

秋になりました。
というわけで、ついに迎えた本読み教室の初回は、
おかげさまで無事大成功でした。

そう、大成功って言っていいと思うんです。
だって、受講生のみなさんが次も来るって言ってくださったから(笑)

いい時間でした。
それぞれのキラキラしたお顔が頭からはなれません。

みなさんキレイだった〜。。
こころにとても清らかなものをくださって、
どうしても気分が浮き立ってしまう現在です。


テキストは、岸田國士の『顔』という作品です。

ちょっと特殊な構造を持っているので、
たぶんほとんど上演されていないんじゃないかと思いますが、
逆にこういった読解にはうってつけの、
人間の深層心理のひだが幾重にも書かれた大人のホンです。

何より、岸田作品には珍しくロマンにあふれたスケールの大きい物語、
というところが選定の決め手になったのでした。

記事の扉に客船の写真を選んだのもそのせいです。
そうしてなかなかに色っぽいお話でも、あります。

昭和七年の作品ということで、「ゐ」とか「さう」とか「云つて」とか、
見慣れぬ表記がずらりと居並ぶ台詞を、
みなさんには初見で声にしていただきました。

でも、よくしたもので、今回の教室は受講生さんの年代が幅広くなったため、
人生の先輩方がすらりとお読みになる音がガイドになって、
若いみなさんもあまり引っかかりもせずに上手に読みこなしていけました。


台本は、初見では何が書いてあるのかちんぷんかんぷんなのが普通です。

あたしも初めて読んだ際には、なんだこのホンちっとも面白くない、と、
よく思います(笑)

ところがこれが、二度三度四度と読んでいくうちに、突然ハッ!と、
目の前に大きな魅力が立ち現れるのです。

これはもう魔法。
大転換です。
この瞬間を味わっていただきたくて、テキストの情報は伏せていたのですね。

次回までの一週間で、一人、また一人と、
この隠された黄金の扉をみつけるかたが、日々増えていくことでしょう。

がんばって読んでね。
自分で発見したものは、すべての核になっていくから。

それにしてもみなさん、凄い集中力でしたね〜。
みずからやると決めて臨んでいる人には、気を散らす隙間はまるでないのですね。

そうして、誰一人として同じ声のない、そのバリエーションの豊かさたるや。。

みなそれぞれを歩いていて、その人生がここに座っている。
そういう感じでしたね。
うつくしい時間でした。

体験受講のかたが継続をお申し出くださった、あれは本当にうれしかった。。
また、パック制のかたは何回受講してもOKなんですが、とはいえ週一だろふつう、
と思っていたら、

毎回でる、って言って本当に来てる受講生さんもいらして、
さらにその彼女に触発されたみなさんが続々あとに続こうとしていて、
ま、まじっ?!どっしぇ〜(◎o◎)/

うれしい悲鳴です。
ん?こうなるとあんまりクラス分けの意味も、なくなったかも(笑)


正直、みなさんが…いや実際に全員ですヨ、こんなに熱く向かってくださるとは、
けっこう本気で驚いています。
その姿がキレイできれいで、何かに似てるなあとずっと感じてたんですけど、
わかった。
なでしこJAPANだ (笑)

いや冗談抜きで、早くも自慢の受講生さんたちになってます。
なんて有り難いことでしょう…
ほんとにね、誰に感謝したらいいんでしょうね、こまっちゃいますよ。えへ(涙)

こういうふうに、見知らぬ方と応募という形でご縁を結ばせていただくと、
人にはそれぞれバイオリズムとかタイミングがあることがよくわかります。

今もおひとり、もう何日も前から何度も受講を希望してくださっていて、
そのたびお返事をさしあげるのですが、なぜだか連絡のラリーが続かず、
いまだ宙に浮いたままの男性もいらっしゃるのです。

ふしぎだあ、普通に返信しあってるのになぜお互いに届かないんでしょう???
いま募集中の回でしたら、もうどこでもいいので急にいらしてください(笑)

片や…スムーズに受講の手続きを済まされながら、
今回の関東の水害でご実家が被災され、支援の帰省でやむなく第二回からに、
とご連絡をくださった男性もいらっしゃいます。

どうか大切なみなさんがご無事でいられますように、
そうしてお元気にこの教室でお目にかかれますように、心から願っております。


教室は次回から、こまかな解釈に入っていきます。

あなたが感じたこの物語の感動点と、登場人物のパーソナリティを読んできてね、
とお題を出してあるので、どんなものが飛び出してくるか本当に楽しみです。

第二回に体験受講のかたもいらっしゃいますし、
ここからが本格始動という感じですね。

私の持っている何かをひとつでも多くさしあげられたらいいですね。。

さああたしも、明日からもっともっと読まなくちゃ。
励みましょう、みなさん。





















posted by RYOKO at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 『顔』を読む! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする