2015年09月21日

二つ目の港はパッショネイト!

kao05.jpg

本読み教室第二回が終了しました。

この『顔』という戯曲にはト書きによくタンゴが出てくるので、
頭の中はすっかりそんな風景に。

主人公のるいは、ホテルの日光室の蓄音機でレコードの番をするのも仕事のうち。

過ぎし日に乗っていた客船でよくかかっていたのかもしれません、
彼女はいつも目を瞑って、同じタンゴに飽きもせず聴き入っているんですよね。

昭和7年の欧米航路なら、かかっていたのはコンチネンタルのほうかもだけど、
いいなあと思った編成のピアソラの曲をみつけたので、張ってみる♪


タンゴのリズムを聴くと、あの独特の脚さばきが浮かんできます。

それはさながら、この『顔』に出てくる5人の男女の運命の絡み合いのようで…
るいは目を閉じて、何を思い出していたんでしょうね。


二回目の教室も、ある意味タンゴのごとくでしたヨ。
ハァッ!と驚くような解釈が、まあー出るわ出るわ!(笑)

みなさん敢然とおうち読解を進めていらした成果が、
さっそくあふれ出たのですネ。

一人で考えていては到底発想できない鋭い説がいくつも立ち上がってきて、
土曜の夜クラスなどでは、
このホン、思った以上のとんでもなくミステリアスな物語なのかも!と、
興奮のるつぼに。(笑)

ひとつのホンを大勢で解釈する楽しさ、素晴らしさは、
こういうところにあるのです。

前の日まで見も知らなかった人々と、真剣に、
こんなディープなディスカッションを繰り広げるのですから、
思えばかなりユニークな場ですよね。

自分がどんな人間か、人はどれだけ違うことを考えているのか、
つぶさに体験することになる。

物語の謎解きの旅は、おのずと自分に出会う旅ともなっていくのです。


次のクラスでは、タンゴを聴いてみるのもよいかもしれませんね。

岸田國士がわざわざ書いているのですから、
『顔』の世界観は、あの情熱的でセクシーなせつないムードで彩られている、
ということでしょう。

そうね、るいは意外にも、ホテルにやってくる人生たちを、
こんなにゴージャスな陰影深い大人のまなざしで眺めているのかもしれません。

上に貼り付けたYouTubeを飛ばした人、さあさあ、お聴きになってみて。(笑)



うれしいことに、今日になってまた新しいご応募がありました。
ありがとうございます。
青空文庫で読めるので、旅には十分に間に合います。

ようそろう。
天気晴朗にして波高し。

白い航跡もあざやかに、船は紺碧の海原を快走中です。






posted by RYOKO at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 『顔』を読む! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする