2016年08月25日

めぐり逢えて…

komachicap23.jpg

第5回は波乱の週だった。

金曜は予定外の少人数クラスとなったのだが、おかげでじっくり解釈を深められ、
イメージが飛躍的に広がるという思わぬ果報を得た。

土曜も少人数だったが懸案のワルツのエチュードができ、
相手の存在が自分の台詞に実感を吹き込むいいクラスになった。

そして週一番の大所帯である月曜クラスは、なんと台風のおかげで休講に。

金曜土曜の宝石のような輝きだった時間と、それを持てなかった月曜と…
先のモチベーションにどう繋がっていくのか、次回が楽しみである。


土曜のエチュードは山岸もやった。
ホンを持たないそれぞれの手でワルツの形を取る。
それはこのホンの随所にある「・・・・・・」の意味を身体で感じ取ることになる。


komachicap12.jpg

今日が百日目の前の「・・・・・・」 
これは大事な間なのだが、読みではほとんど取れていなかった。

身体を使うと、不器用なジョークに対する小町の反応が少将に幸福感をもたらし、
続く台詞に感慨がこもることになった。
その感慨を受けて、次の小町の「それなのに」後の間にも自然と媚態が入る流れに


komachicap18.jpg

「帰りましょうか」で背後に向かおうとする小町の手を、引き止める動きが出る。
この動きが生まれたことで、手をつないだまま佇む動作までが自然に繋がる。

「中休みの時刻」 これは大事な台詞。
この時点で晩の8時か9時頃か、百日目の今夜はあと数時間しかない。
互いがそれを実感する言葉。
ゆえにこの「・・・・・・」にも独特の空気が生まれる。


komachicap21.jpg

「飽きる。」それは女にとってもっとも聞きたくない言葉。
女は永の月日をかけて、得られた愛の灯をその手で守り続けようとする生き物だから。
男の本音を許せぬ小町ではないが、なればこそこの期に及んでの気怯れはむごい。

「そんならやめて…」で握られていた手を抜いて、ベンチから立ち上がると、
思いのほか強い力でその手をまた摑まれ、先に進めなくされる。
と同時に、「それはできない」という声音の切迫とベンチを立つ動きの鋭さにたじろぎ、
思わずフリーズする。

正面に立った相手のまなざしに捕らえられて、「お気の進まないものを…」が揺れた。
この当惑は、相手の熱情の激しさによって引き出された意外な感情だった。

鋭さや揺らぎといった反応のニュアンスは、相手の身体を通したほうが発見が早い。

そうしてこのエチュードで得られた、最大の謎解きがこのシーン。


komachicap22.jpg

「ええ、何とも思いません」
これはドライな、恋に期待などしていない女の言葉、
女王のように、男たちが自分を獲りにくるのを睥睨している言葉、、

それ以外の解釈が見つからず、しかし何かピンと来ず、首をかしげてきたのだが、
わかったのだ。
「あなたは平気なのか、俺に飽きられても」 というニュアンスが感じられたことで。

飽きる、あなたがわたしに飽きる、飽きられても…
「それでもいい。飽きられても、わたしはずっと、あなたを愛し続けます」

突然、湧いてきたのだったこんな思いが。
これには自分でもビックリしたが。
自然に、このプレイガールめかした言葉の裏側に潜む小町の真実の思いが、
胸に広がったのだ。

ドライではない、むしろ逆。
こうなると、これがこの作品中でもっとも情熱的なせつない台詞となる可能性が出てきた。
愛していると言うより強い、ひとすじの、小町の少将への想いは、
こんな何げない台詞の中に隠れていたのだ。

すると、次の少将の「今すぐ死んでもいい」のニュアンスが変わるかもしれない。
あなたに飽きるぐらいなら、今のあなたを焼き付けて「今すぐ死にたい」に。

そう、このシーン、リードを取るのは徹頭徹尾、少将の方なのだ。
この戯曲は、ところどころでガン!ガン!と階段状にエネルギーのレベルが上がるのだが、
この「死んでもいい」の台詞も、もう一速ギアを入れる大きなポイント。

少将の恋に憑かれた激しさが出れば出るほど、「俗悪だわ!」がぶつけやすくなる。
そのエネルギーがまた、庭木が海のようにざわめき出す帆船の長ゼリへと繋がっていく。

「飽きられてもいい。ずっと愛するから」
この解釈は、この先の「美しい」と言わせまいと抵抗するシーンにも確実に響いていく。

少将をやった受講生が受け取って仕掛けることの出来る人で、予想以上にヴィヴィッドな
化学反応が生まれため、熱量の基準値が出来たことがこのエチュード最大の収穫となった。


金曜クラスで出た解釈 〜イメージの飛躍

鹿鳴館に出てくる男女は、ある意味「陰陽師」で言うところの式神(しきがみ)。
もちろん小町は術師ではないのだからあくまで個人的イメージだが、と話したら、
受講生からも面白い解釈がたくさん飛び出してきた。


komachicap19.jpg

少将の台詞はここから急激に熱を帯びる。

「今僕は、」 「もし今、僕があなたと」 「今僕の頭に」 と、
この短い会話の中に「今」が三度も。
少将はこの突然降りてきたひらめきに昂っていく、まるで神の啓示を受けたかのように。

この流れを金曜の受講生たちは「転生」への意識と捉えていた。
少将自身は夢物語として語り始めるのだが、無意識は運命を悟り、
悟ってしまえばそれは確信へと変化し、あとは坂を転がるようにその一点へと駆け下る。

それはあまりにも急激な変化。
恋をすると人は鋭敏になり、予感が現実になるようなことはよく起こるが、
いよいよその時という今になってこんな転変をすることになろうとは。
人は崖っぷちに立たされたときに運命に出くわす。

この流れを転生と捉えると、以下の謎の会話が違うものに見えてくる。


komachicap20.jpg

受講生の一人が、「小町は正倉院、少将は伊勢神宮」と例えた。

古めきながら千年以上その存在を保たれてきた正倉院と、
式年遷宮で20年ごとに生まれ変わる伊勢神宮。

「私は年をとりますまい」「年をとらないのは僕のほうかも」って。
大爆笑の分かりやすい例えだった。

まあ実際の演技に乗せるには難関だが、少将の演じ手には台詞の一助となるイメージだ。

更にここの解釈はもう一つ、演技的にはこちらのポイントの方が高いかもしれない。
「年をとらない」ということは、今と変わらないということ。
イコール、いつまでも今の気持ちのまま、あなたを愛し続ける、その比喩だと。

こうしてみると、このホンには「永遠に愛する」という主題が通っていることが分かってくる。

関連から、望みが叶えばあなたに飽きる、飽きたくないから「死んで成就させない」
永遠の愛にするために、という解釈も出る。

この説を聞いて思い出したのが、フランス映画の『髪結いの亭主』。
今もって山岸のベスト1で、自分の年代が進むにつれ解釈が変わる名作なのだが、
これはぜひ観ておくといい。
私はこの映画で、究極のエゴは最大の愛の証なのだと知った。
(笑)まあ観れば分かります。

面白い説がもう一つ。

小町は百年、本物を待っている。
この男は本物の少将か、それらしき人が現れると毎年鹿鳴館の幻惑でお試しをしている。
本物の少将は、美しいとは言わない。
それで二人は昇天していける。
ラストシーンの小町のいきなりのドライ感は、本物じゃなかったから、というもの。(笑)

これだと、巧い役者がやればコメディ風味の作品にできるかもしれない。
いや実際、悲恋に向かって突っ走る線と共に、特に前半に笑いの要素をまぶすのは、
上演には欠かせないポイントだ。
それにつけても、人々を酔わせる止まらないロマンスはしっかり作っておかねばなのだが。



□□ READ by Yamagishi □□

百年ごとにめぐり逢う、それを二人の宿命にしたのは少将だ。

「お墓の中で会うのでしょうね」と言っているのだから、
鹿鳴館の時点では、小町はごく普通の人生を送るものだと思っていたのだ。
それを思うと、小町のこの台詞は憐れだ。

百夜通いを課したのは小町、ゆえに関係の主導権は彼女にあるように見える。
詩人も、あたかも老婆の哀れな餌食のように見えるが、実際は逆。
少将の方が小町に、永遠に自分を愛し続けるという呪(しゅ)をかけたのだ。

恋は、より強い呪をかけたものが勝者となる。
けれど少将は分かっているのだろうか、その呪に自身もかかってしまっていることを。
小町がいる限り、少将は転生の宿命から逃れられない。

小町はどうしたら死ねるのだろう。
あのとき少将が、詩人が、「あなたは美しい」と言わなければ、
小町の魂は散華できたのだろうか。

いや、小町は美の化身、この国に息づいてきた「美」そのもの。
美は美として存在しているにも関わらず、決定的に不可欠なものを必要とする。
讃美者の存在だ。
誰かが美しいと認めなければ、そこに有りながら無きものになってしまう、それが美。

だから小町は「美しい」と言ってほしいのだ。
美である以上、それを求めるのもまた宿命なのだ。

美は、自分からは能動できない、ただそこに在るだけ。
讃美を受けとめて、変わらずそこに在るだけ。
まるで植物のように、花のように、美しいという男のため息を受けて揺れるだけ。

それだけでいいはずなのに、小町はその言葉をふさごうとする、
言えばその人が死んでしまうから。

小町は、自分が美しいと言われることより、相手に生きてほしいと願っている。

小町が本当に欲しかった言葉は、思いは、何だったのだろう。
たぶん小町は、それを待ち続けている、百年ごとに。

「あなたを愛している」…なのか…?

男にとって、愛していると言う、それはどれほどの重みを持つものなのだろう。
心から、夢のようにうっとりと、美しいと言われても、
それが何になろう。

「愛している。百年待っていてくれ。必ず帰ってくる」

そう言ってくれたなら、百年なんていくらでも待てる。
愛していると、言ってくれたなら、小町の命も詩人と共に散れたのかもしれない。
けれど男は美しいとしか言ってくれない。

呪を解くひと言、それが「愛している」という言葉なのだろうか、
それともそこから、新たな呪がかかるのだろうか。

男にとって「美しい」という言葉は、「愛している」と同義語なのでしょうか。
女はそれを理解できないということなのでしょうか。

男にとって、美しいと言う、それはどれほどの重みを持つものなのだろう。。

あのの実、あの吸殻で、小町は占っていたのかもしれないと、ふと思った。

相手の気持ちが分からないとき、自分の未来にふるえるとき、女は占いをする。
独りになると御し切れなくなる秘めた吐息の濃さに負けて、思いは指をあやつり出す。

あの人は今どうしているだろう、わたしのことを考えてくれているだろうか、
わたしに気持ちを抱いてくれているだろうか…
あれは何だったの、なぜあんなにやさしく包んでくれたの、あのときあなたは、
何を感じていたの…
囚われて。そのひとに。女は自分の恋を占う。

しかし小町は、百夜通いで少将の気持ちは知っているのだ、胸が痛くなるほどに。
小町は幸せだ。
九十九夜の愛に包まれて、小町は信じている。
やがて来るその時に、身も心も少将と溶け合う、一分の隙なくひとつの魂になる、
ただそのことを、九十九夜、信じて来られのだ。
なんと幸せな。
なんと賢い女だろう。

しかし小町にも分からなかったのだ。
男は必ず果てるものだということを。
果ててのちの余韻には、男は生きられない生き物だということを。

そうして小町は占いはじめる。

いつ来る。
もう一度めぐり逢う、その時は。
あなたは。
いつ来る。
わたしが待っている「それ」は、
いつ来る。
今夜? あした? あさって…?

百年、小町は吸殻で占う。
答えなど出ないと分かっていながら、夜毎、夜毎、吸殻を繰(く)り続ける。
そうして待っている。
そうして、愛している。


----------

こんなに多くの人間がいるのに、出会える人はなぜ限られているのだろう。
真昼から降り始めた時間を歩み出すと、出会いの重さは若い頃より沁みる。
ひとつひとつに意味があるのだと。
いい人。
わるい人。
自分とて、誰かのわるい人になっているやもしれないのだ。
よしんばいい人として出会えても、瞬時にそれが反転することだって、
呆れるほどしょっちゅう、起こるのだ。

できるなら。
愛し合いたい。
けれどそれはもう、自分を呪にかけていることなのかもしれない。
呪は、しかし、まるきり手離すには甘美すぎる。

この誘惑がなければどれだけラクかと思いながら、待ってしまうのだ、
めぐり逢いを・・・

このホンに向かうと、いらんことばかり考えていけません(笑)








続きを読む
posted by RYOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小町という女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

お踊りあそばせ…

komachicap15a.jpg

軍服での舞踏シーンのイメージを探していてふと気づいた。
少将は軍人、つまり死ぬことが仕事の人間なのだ。

恋のために死ぬ。
確かにそれは軍人としては文弱の徒に成り果てた姿であろうし、
その組織の人々から見れば、少将の選択はそれこそ噴飯ものの“俗悪”の極みだろう。

エリート集団である参謀本部の少将が一人の女のためだけに命を捧げた。
これは想像以上のかなりな異変なのだった。

先週は表現テクニックについての具体的な講座だったため、内容はここには書けず。


□□ READ by Yamagishi □□

今夜、今すぐ死んでもいいという少将を、小町は必死で引き止める。

komachicap16.jpg

生きるということを、「充実」という言葉に置き換えてみると。

小町が言っていることは「死のために人生を充実させるわけではない」。
これは、馬は人参がなくても駆けるものという台詞とイコール。
生き続けることに意義を見いだし、まるで「命」自体として発言しているよう。

一方で少将は、「死を選べば充実して生き切ったことになるのかもしれない」と言う。
至高の絶頂に到達できる瞬間を得るためなら死ねる、という思い。
命をどう使うかは自分が決めることと、あくまで個の中で生きている。

小町は線を生き、少将は点に生きようとしている。
これはそのまま男女の性の特徴にも通じつつ、小町はどんどん焦燥していく。

百夜という長い時間を経て身も心も預けようと決めた、その男が、
いつのまにか自分を乗り越えて遠くへ行こうとしているから。
勝手に置いていかないでという悲鳴。

だから男がもっとも嫌う“俗悪”という言葉で断定し、
絶頂体験という死の誘惑から引き戻そうとする。

このあたりは、ただの女と哲学を持った神に近いような老婆とが渾然一体となっている。
それは、女の子に相手にされず大恋愛に憧れてきた弱虫の詩人が、
万民のための命として生の瀬戸際を見続けてきた男の中の男である少将と同化していく、
それと同じ現象。


小町はやはり「女」でなければならない。
動画サイトで、徹頭徹尾ドライにブレない老婆が演じられている映像を見たが、
それはやはり違うと思ったのだった。

小町の台詞はすべて言い切りなのだが、気持ちもこのままブレずにやると、
詩人が阿呆に見えるのだ。
説教したのに言うことを聞かず、勝手に滅びていった愚かな男。

これでは小町が何のためにあんなに必死に引き止めたのかがまるで分からない。
詩人=少将に納得の魅力があればこそ、老婆も小町も言葉を尽くせるのだ、
あんなに取り乱してまで。

この話は小町が女としてブンブンに乱されなければ作家の本当の意図が伝わらない。

脆弱なかぼそい詩人に身を預けようというまでの夢を、小町も見るのだから、
老婆が絶世の美女になったように詩人が水も滴る「男」に変わる、
そうなって初めて男女の性差、人間の生き様の違いが浮き彫りになる。
それがこの作家の仕掛けなのだ。

彼女は『マクベス』の魔女ではない。
預言者然とした客観芝居は物語の悲劇性を損なう。
俳優は台詞の裏をどう掻くか、どんなリアルを立ち上げられるか、
そこから離れてはならない。


鹿鳴館シーンで踊る曲として個人的に浮かぶのは、
ショスタコービッチの“セカンドワルツ”

この動画は、ワルツというもののめくるめく感じがよく編集されている。



こうしてみると、ワルツとはなかなか激しいものだ。
これだけクルクルしていたら、相手だけを見ていないと転んでしまう。

相手の身体のリズムに集中していくうちに、「気」も合ってくるわけで、
クルクルクルクル…酔ったようになって、
いやがおうにも二人だけの世界に埋没していくことになる。

もっとゆっくりとした優雅なものだと思っていたが、これはほとんど魔術な踊り。
詩人が少将に変わってゆく仕掛けとしてはパーフェクト、そのうえに、
フォーマルの極みであるこのダンスには、整え抑制しようと堪えるセクシーさがある。

それは百夜通の忍耐を思い起こさせるものだ。
剥き出しの情熱をぶつけあうタンゴではダメなのだ。
作家はこのへんの感覚もよくご存知だったわけだ。



さて、そんな、この作品最大の見せ場を体感してみようという、
無謀にもほどがある講座が(笑)明日からはじまります。

台詞の間があくことなんて気にしなくていいから、相手を感じることを一番大事に、
こんなシーンをさくさく喋ったらむしろワタシ怒ります。

komachicap17.jpg

(笑)。






posted by RYOKO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小町という女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

待ちわびて…

komachicap11c.jpg

大勢でする解釈の意義は、未知の見方を得られることにある。
他者との感覚の違いを知ることが自分の解釈を生み出していく。
逆に、自分にはない感覚を入れることでいかに瑣末に固執していたか分かったりもする。

それは相手役との響きあいから到達できる、独りで考えていてはわからなかった世界。
稽古の現場では積み上げた自分のプランを一旦捨てて向かえと言った理由はここにある。
芝居は総合芸術、どこまでも相手あっての物種なのだ。

相手からもらう、人の考えに染まってみる。
この柔軟性が、どんな現場・相手でも化学反応を起こせる魔法をもたらす。

春のロミジュリクラスではその化学反応を体験したわけだが、

このホンにも同じ魔力が忍んでいる。

ワルツを踊る。
二人手をつないだまま佇む。
手を取られて慄える小町。

この3シーンがその場所。
このとき、二人の手には何が起きているのか。
手はどんなことを語り合っているのか。
それはその二人だけの公然の秘め事といってもいい。

身体はあなどれないものだ。
相手の肉体を感じることで思わぬ感情が吹き出して来たりする。
たとえば相手の手の熱さ、力、湿りけ、指が伝えて来る意志。

こういうものを無視しては本当の解釈には至れない。
動作を実際に相手としてみると、驚異的なエモーションが生まれてくる。
これがケミストリー。

忘れてはならない。
ト書きに書かれていることは動作。
台詞を追うだけになりがちだが、動きをイメージすることで思わぬものが見えて来る。
解釈とはイメージ力を喚起することなのだから、何よりのヒントはト書きにこそある。


演じ手の解釈はあくまでドラマに向かうことにある。
物語のどこに感動をおぼえたか、その感動をどうやって体現していくか、
そこに解釈の肝がある。

その解釈にドラマはあるか。

観客はその解釈に感動できるか。

俳優はそれのみを追求し、決してそこから離れてはいけない。
もしも疑わしくなったら、それはまだプロセス、あなたの真実の解釈ではない。



□□ READ by Yamagishi □□

老婆が拾い集める「吸殻」に対して、受講生が画期的な発見をした。
これは何かのメタファーに違いないとは、講座の中でも出ていたのだが、
小町伝説に当たってみて、彼女は思わぬ拾い物をしてきたのだ。

古の男と女は歌のみで相手と往還し、実際に会うのは結ばれる際(きわ)が初めて。
暗い灯火の元なのだ、顔を見るのは下手をしたら事後の朝になってからかもしれない。
つまり、百夜通いはおたがい未だ見ぬ人とのあいだでおこなわれていた。

小町はいったいどうやって、少将の九十九夜の訪れを知ったのかが不思議だった。
下人にでも見張らせていたのか…しかしそんな無粋は物語にふさわしくない。

何かあるはずと思っていたのだが、あったのだ、やはり。
少将は真夜中、小町の家の門まで来ては、木の実を置いて帰っていたのだ。

朝になって、牛車を停める榻(しじ)の上に、ぽつんと置かれた榧(かや)の実のひと粒。

それを手にして、小町は夜毎の訪れを知っていた。
ゆうべも来た。
ゆうべもまた。
ゆうべも。。

の実は増えていく。
籠に半分にもなった頃には、少将の思いはきりきりと胸に迫るようになっていただろう。
そうしてそれは、いつしか小町の中でも祈りにも似たものに変わっていったのではないか。
来て、百夜。
わたしのもとへ、必ず、無事に。。

百夜通ってくれたなら、百夜の真をくれたなら、わたしは喜んであなたに抱かれる。
これまでの誰もが果たせなかった愛の証を、あなたが立ててくれるというなら、喜んで、
初めてのわたしをあげましょう。
だからお願い、無事に、わたしの前にあらわれて。。

そうしてその夜が明けたとき、榧の実は無かったのだ。

小町はどれほどの衝撃を受けたろう。
ここまで来て引く、そんな男だったのか、そんな男に私はこころを預けてしまったのか。
悲しみに取り乱れながら、小町はすぐさま別の予感にハッとする。
何かあったのでは…
何かがあのひとに起きたのでは?

閉ざされた雪の中でか、流された川下でか、貴人の遺骸がみつかったと聞いて、
小町は駆けつけたにちがいない。
人前に姿を晒さぬ高貴な身分の女が、止むにやまれぬ思いのままに。
けれど小町は少将を見たことがないのだ、いったいどうやって分かるというのか。

榧の実を握っていたのだ。
その遺骸は、しっかりとその実を握りしめていたのだ。

やっと逢えた、そのひとが。。

これほど悲しい恋があろうか。

待ち針。
糸が通せない針。
それは本当は、小町針と呼ばれていたのだという。

男たちを袖にし続けた小町には穴がなかったのだなどという口さがない噂が落した、
針の名前。
しかし。

永の後生を、小町は少将を弔うことのみに生きたという。
少将が残した榧の実を、通い路の道の辺にひと粒ずつ植えて。
榧はまたしかし、大樹になるまで300年もかかる樹なのだそうだ。

小町が住んだとされる京都山科の随心院までの道は不成就道と呼ばれ、
受験生や恋する人々は今でも決して歩かないのだという。

komachicap12.jpg

深草少将は百夜通いの冷たい暗闇のうちに病み疲れ、であればこそ尚いっそう、
恋に憑かれていく。


恋をして、まるでシャガールの絵のように地上から浮き立つ恋人同士の在りようは、
誰もが憧れるもの、だがしかし老婆はそれを死んだ姿だと言う。

老婆にとっての「2本の足でしっかり踏みしめる」現実は、100年少将を待ち続けること。
待つことが老婆のまごうことなき現実。
浮かれず、呼吸をしながら、ひたすら待ち続ける、それが現実。
それも恋。
それが恋。

恋の時間は一瞬の夢、甘美なメロディが消えれば急に我に変える。
しかし小町の恋は夢ではない、今待っているそのことが現実であり、
小町の現実は恋そのもの。
一瞬で消える儚い夢ではない、永遠に終わらない現実、それが小町の恋。


小町の年齢はいつまでたっても99歳。
百年経とうが千年経とうが99歳で止まっている。

99は百夜通いが途絶された数字。
だから小町はそこで止まっている、心はそこで死んでしまった。
だから小町(老婆)の現実は、
詩人からは信じがたい「生き甲斐のない」希望や憧れの光がいっさい射さない時間。

老婆はそれでいいのだ、九十九夜ときめきの中で生きたのだから、
それ以上のものなど起こりうるはずもないのだから。


komachicap06.jpg

小町にとっての奇跡とは、なんであったろう。

百日目からさきの生の甘美は、少将を失った小町にとっては俗悪でしかない。
あの人がこなかった。
あの人が、しんでしまった。。
その夜を境に、小町の心はいっきに99歳の老婆になってしまった。

伝説上の小町は少将に、悪いことをした、なんてむごいことをしてしまったのかと、
悔やみ続けたろう。
その悔恨は、残りの生涯を少将の弔いだけに生きたことと共に、
純化され本物の純愛に変わっていったろう。

穴の無い女、小町、絶世の美女でありながら処女のまま果てた小町。
普通の恋愛が待っていたはずの人生が、
少将を亡くしたことで、本物の純愛という厳しく孤独な道になった。

肉欲の絡まない恋が純愛だとするなら、
その後の小町の弔いに殉じた在りようはこれ以上ない純愛だろう、
対象を失くして尚、残りの生涯を脇目もふらずその人だけ愛し続けたのだから。

それは男にとっての理想ではないだろうか。

以前、『貴方と嘘と夜と音楽』という芝居を書いたとき、
去った男に13年とらわれてしまったヒロインに対して、その男を演じる俳優が、
「彼女は別れてから一度も他の男と関係していないと思う」と言って、
生身の女がそんなわけないだろうが、と女優たちにツッコまれたのだが、
彼はそれでも納得していなかった。

あなたただ一人。
男が求める女の姿はあまりにも身勝手。
それはそのまま、言いたいことを言って勝手に死んでいく詩人の在りようそのままと、
言えなくもない。


多くの男に求められる女は、どんなことを考えるか。

komachicap13.jpg

気づけばあっちの男からもこっちの男からも愛されている。
それはさながらレースの趣。
ゴールにいる自分に向かって、ひたぶるに駆け競ってくる駿馬の群れ。

ゴールがどこにあるのか、何をしてゴールというのかは男には分からない。
女自身にも確かなことはわかっていない。

ただ、日毎、時毎に近づいたり離れたりする男たちの中にいて、
それこそ命を懸けて、「あなたのためなら何でもする」と言ってくれる人が、
その人なのかもしれない。

男は二言を嫌う生き物だ、しかし実際この言葉を口に出せる男はそうはいない。
大人の、おんなをよく知っている男なら尚のこと。
自分の言葉を欺くことが、本物の男にはもっともこたえる。

だからこの言葉は、本気の恋でなければ決して口にはしない。
それを分かっている女は、男を許してやれる、たとえ刹那に終わったとしても。

そんな本物の男揃いになったとき、女はどうするか。
ただじっとそこに居て、男たちの動きを見守るしかないのだ。

ハードなお題をしつらえて、どの男が乗り越えてきてくれるか、
最後まで本気を貫いてくれるか、眺めているより手だてはないのだ。
男は勝ち取るのが性(さが)なのだから。

手に入りそうで入らない、そんな存在は男にとって現実以上の気高さを纏う。
そうして男は本気を傾けてしまう。
場合によっては身の不幸に繋がると分かっていても、納得いくまで止まれない。

百夜通いには何十人という男がトライしただろう。
ある者は三十夜で、ある者は五十夜で、小町の前から消えていった。
人気のない暗闇の中、ひっそりと訪れては榧の実を置きにいく、
それだけを続けるなど、現実を生きる男には馬鹿馬鹿しくなって当然の壁なのだから。

しかし女には、その馬鹿馬鹿しさこそが真実を見る鍵なのだ。
だからこそ、小町は100粒目の、置かれなかった榧の実に衝撃を受け、
永の後生を清い身体のまま、彼岸に生きる存在となったのだ。

ちゅうちゅうたこかいな……

吸殻は榧の実。
数えて、待ちわびる、永遠のループ。

最大の謎である、あの「もう百年!」が、また少し変わって見えてきた。




posted by RYOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小町という女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

美しきひとの名は…

komachi01.jpg

夏クラス、始まりました。
ずいぶんたくさんの方が体験にいらしてくださり、なんと嬉しいことに全員が継続に。

フレッシュで華やかな幕開けの中、本読み教室はまた新しい一歩を踏み出しました。


□□□□□□□□

今季のテキストは、一筋縄ではいかない作品。
構造が複雑なため、1ページ目から順を追っての解釈というのができない。

感想を聞くと受講生の興味は、やはり後半のクライマックス部に集中。
そこで出た解釈を基点に、前半部分へと還していく形になった。


 komachicap01.jpg

この台詞に対して印象に残った解釈をランダムに。

キレイと言われる嬉しさは女の本能、言わせることで満足する。
 ゆえに美しいと言わせた後はカマキリのように豹変、相手が死んでも平気。
 この変わり身の速さは女ならでは。

憧れの相手にキレイと言われたら失望する。
 相手にはもっと高いところにいて欲しかったから。
 自分より強い男を求めているのに、降りてこられると恋は死ぬ。
 この男も只の人だったという感覚、男の死はイコール恋の死。

美しいと言われた時から女は歳をとっていってしまう。
 だから言われたくない。
 それでも言われたら、恋の絶頂はその時からもう死んでしまう。

この男と女の会話は精神的セックス。
 美しいと言われることは絶頂、いつまでも浸っていたいから寸止めがいい。
 言われたら後は醒めるしかなくなる。
 それなのに男は欲望に駆られてすぐに言いたがる、絶頂のみを欲しがる。

キレイに見えるが女って汚いよねという作家の目を感じる。
 男の理想が描かれている。
 男の作家が書いたものだなーと思う。

老いさらばえた姿を世界で一番美しいとまで言う男の目線の変わり方が滑稽。
 この老婆は人間の愚かしさ、儚さを引っ張り出す幽霊・妖怪なのでは?
 手管を使って褒め言葉を言わせ取り殺す。
 美しいと言われることがこの妖怪のごはん。

作家は「美」をフリーズさせている。
 戦前の日本が持っていて失くしたものへの恐れ、悔恨を描いている。
 全般的に生と死が意識されている。

一度欲望を抱いたら男は止められない。
 美しいと言いたい絶頂へ一直線に向かうしかない。



□□ READ by Yamagishi □□

この物語には「俗悪」という言葉が9回も出てくる。
作家は「俗悪」ということに何か大きな意味を持たせている、それは何なのか?
舞台設定は「極めて俗悪」=第一行目のト書きからすでに隠しテーマが忍ばされている。

物語の書かれた年は1951年(昭和26年)、クライマックスシーンの舞台は鹿鳴館。
鹿鳴館は明治19年開館。19年前は幕末。黒船来航が明治維新という革命を引き起こした。
然るに昭和26年、こちらもわずか6年前に敗戦から民主主義への大転換が起きている。

この物語には二つの断層が描かれている。
この国が培ってきた文化、歴史、思想は米国によって二度、バッサリと断ち切られた。

小野小町は昭和26年時点でも1100年以上前の時代に生きた、わが国一の美しき人。
千年続いた古(いにしえ)からの美が、アメリカナイズされた近代では老婆と蔑まれている。
作家はこれを隠しテーマにしているのだと感じる。
舞台が鹿鳴館である意味はそこにある。

 komachicap03.jpg

敗戦からたった6年で、あまりにも変わってしまった日本。
命を懸けて守ろうとした国は、かつて愛した美しさを刻々と失くしていく…
26歳の天才作家の心に刻まれた思いは、現代の我々には想像も及ばない。

  花の色はうつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

―小野小町       

この物語は米国の占領時代に書かれている。
日本が独立を果たしたのはその半年後だった。
ただ、戯曲の読解と作家の思想への共鳴は別物、ここに巻かれてはならない。


謡曲の『通小町』では、愛の妄念となった深草少将の霊が小町に取り憑き、
旅の僧の導きによって百夜通いを再現することで二人は成仏できる。

この物語の老婆にはそれがない。
99歳の老婆はさらにもう100年生き永らえねばならず、宿命のループから抜け出せない。
なぜなのだろう。
この老婆は何かを待っている。
いったい何を? なぜ? 待っているのだろう。

戯曲の読み解きをするとハマる罠は、「物語」を逃しがちになることだ。
まして演じ手なら、イメージの力は常に湧き起こしていなければならない。
この作家が描いたのは、絢爛豪華にしてせつないロマンティックな二人なのだから。

私が想う小町と深草少将の在りようは、この美しい曲がイメージさせてくれる。

  

ここまで甘美な世界に仕立てても、まったく陳腐に落ちない物語。
私はそう読んでいる。

そうむしろ、この物語の甘美に浸った方が数々の謎はきれいに通る。
ひとつずつ解釈を深めるごとに、豪奢でさびしいこのロマンスに戻ってみればいい。



komachicap04.jpg



komachicap05.jpg



komachicap06.jpg



komachicap07.jpg



komachicap08.jpg



komachicap09.jpg



komachicap10.jpg





今週も、前へ、進んでまいりましょう。(笑)





posted by RYOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小町という女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする