2016年11月30日

たちきり、立ち来る、ご縁の香

shimura01b.jpg

今季は、古典落語の『たちきり』と岸田國士の『驟雨』という2作品をテキストにしています。

『たちきり』は、元々は上方のお噺で、
たちきれ、たちぎれ線香などのお題で呼ばれることもあります。

お座敷に上がった芸者さんの就労時間を(なんと野暮な言い回し笑)
昔はお線香一本が燃え尽きて断ち切れるまでとしていた、
ここが味噌になってのタイトルです。

大店の若旦那と娘芸者こいとの、悲恋物語。

なのだけれど、
それに止まらぬ江戸の人々のあったかくも厳しい人情の交錯が描かれているので、
若旦那が大人になるための成長物語とも言えますし、
この国ならではの無常の物語とも言えましょう。

可笑しかったのが、初見読みの時で。

落語と聞いて、初めはみんなセオリー通り面白おかしくテンポも早く読んでいたのですが、
話の後半戦に入ったらいきなり、「あ、あら?…ちがった?」
という部分と出くわすことになって、キキーッと急速減速、
口調もしっとりしたものへの大転換をはからねばならないことになり、
読み終えて、「こんな話だったのかぁ!!」と反省のるつぼに放り込まれたことで。(笑)

そう、このお話には前半と後半でもの凄い断層があるのです。
そのへんが、悲恋ということと相まって『ロミオとジュリエット』を思い出させるんですよね。

あの本も、この春にしっかり取り組んでみたら実は前半喜劇だった、
と知ってたまげたものでしたが、
『たちきり』はその逆のパターンで心揺さぶられることになったわけです。

固定観念は捨ててかからないと、ですね。
何事につけ、ですが、
さらにこの打破が、いつも一番難しいところでもあるわけですが。

この、固定観念の話にも通じるのですが、
先週から、たちきり班は身体を使った距離のエチュードに入りました。

“芝居の動き”ではなく、ミザンも気にしない、
セリフを使った身体のインプロとでも申しましょうか、
本読み教室オリジナルの、リアルの習熟方法です。

これをやると途端に、セリフに目の覚めるような鮮やかな実感がこもることになるのです。
聴いていると進歩が分かって大変おもしろい。
観てても面白いですけどね、たまげてキテレツな動きとか出てくるので(笑)

こういうことも、素直な人は吸収が早いです。

昔、教えを受けた演出家から、役者は作品に向かうたびに赤ちゃんにならなければ、
と言われましたが、頭で自動的に描いている思い込みから、自由でいることを、
我々は常に肝に銘じていなければ、ですね。

この『たちきり』はまた、音曲噺(おんぎょくばなし)というジャンルの落語でもあるそうで。
物語のクライマックスをお三味線が担うことになる、大きな仕掛けが施されています。

落語にもこんな演劇的な演出がされているものがあるとは、
わたしもさん喬師匠の噺を聴いたときは、ゾクゾクーっと全身に鳥肌が立ちました。

師匠、熱演です。

速報でもお知らせしましたが、
おさらい会で、このお三味線『黒髪』を弾いてくださる方にめぐり会うことができました。

東 啓次郎(あずま けいじろう)師匠です。

ネット媒体を使ってのダメ元での募集でした、
私としては、お稽古をされている方のお目に留まれば御の字だったのですが、
まさかお師匠さんクラスの方からご応募いただけるとは。

しかも、もう何度も劇伴で『黒髪』を弾かれておいでで、
こんな些細な教室での発表会を面白がってくださるお人柄でいらっしゃる、
さらにはわざわざ静岡からお運びくださると…

なんと恵まれたご縁をいただけたことでしょう。
啓次郎師匠、本当にありがとうございます。

人の輪というものは、本気が繋げるものなのですねえ。

若いころにはくだらないプライドが邪魔をして人に入っていくことが不得手だった、
でももうこの年齢です、人見知りなんて贅沢なことをやっていられる時間は、無い、
もったいない。

それで、大事なものは自分で取りにいこうと決めたのです。
この教室を始めたこともそうでした。

今こうして、たくさんの受講生さんが集ってきてくださって、みんな楽しげで、
発表会では亜呂波亭ロコ輔さんにも再びご登壇いただけることになり、
またこんなふうに啓次郎師匠との出会いもいただけた。。

ひとつひとつ、おひとりお一人が、本当にいとしいです。

この教室のお線香、ついで継いで、たちきれないように、
お座敷は華やかに香り続いていきますように。

さて、金曜にはもう一本、お線香をたてましょうかね。







posted by RYOKO at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 2016秋クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

『黒髪』演奏ご応募いただきました!

【速報!!】
boshukurokami02.jpg

ヤッター!お三味線演奏、さっそくご応募いただきました!
なんと静岡のお師匠さんです。
おそるべしツイッター…
って山岸はやってないんでいったいどの筋からこうなったのか???
なのですが(笑)

いや〜よかったです、こんなに早く決まるとは、
しかもお師匠さんは『黒髪』の劇伴を何度もされてきたとのことで、
こんな理想的な方にめぐり会えていいんだろうかと、信じられない気分です。

どうなるかなあ〜ワクワクですぅ〜、早くご紹介できたらいいナ♪
みなさまありがとうございました。






posted by RYOKO at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

『黒髪』 演奏者募集

boshukurokami01.jpg

リブレ本読み教室では稽古場発表会でお三味線を弾いてくださる方を1名募集しています。

腕試しの場をお求めの方、
お稽古や趣味で三味線を演奏できる方、プロ級の技術をお持ちでなくてもかまいません。

■演目『黒髪』
当日は、俳優たちが落語「たちきり」を朗読します。
この物語のクライマックスを担う『黒髪』を生演奏していただきます。
(39分ごろから演奏)

■12月18日(日)午後
15時過ぎ〜18時頃 2回演奏
2班での朗読となるため、演奏は二度お願いします。
参加30名弱ぐらいの発表会です。

■四谷三丁目 スタジオリブレ
■男女問わず

■花代(謝礼) 3000円
お時間がゆるせば、18時半ごろからの噺家さんによる出張高座と20時ごろよりの懇親会も
無料でお楽しみください。

■リブレ本読み教室 http://libresen.seesaa.net/
教室・主宰情報はこちらでご確認いただけます。

■お問い合わせ
事前に教室の様子をご覧いただくことも可能です。
まずはお気軽にメールでお問い合わせください。

件名は <『黒髪』演奏応募> でお願いいたします。
katentaiyu6-honyomikyositsu@yahoo.co.jp
(@を半角に)

■先着順
応募があり次第しめきりとさせていただきます。

芝居と落語と音曲のコラボを楽しんでくださる好奇心旺盛な方、
ご参加をお待ちしております!






posted by RYOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

秋クラス、始まりました!

shuu.jpg

リブレ本読み教室2016秋クラスは、早いもので明日から第三週に突入です。

今季もたくさんの方が集まってくださいました。
みなさん本当に熱意のある方々ばかりなので、教室のムードも一段引きあがった感じで。
なにげにこの教室、この秋で開設1周年だったのですが、
季節が進むたびに出会いの刺激が増しているのが、頼もしいったらありゃしません(笑)

今季はどんな旅になるでしょうねえ。
出会った数だけの感性や思考を自分の物にできるのが、この教室の強みです。
なにせ同じホンに寄ってたかるわけですから。

独りでは突き当たってしまう限界を突破できるヒントが、そこかしこに転がってますからね、
ぜひ貪欲に、人から盗むという芸の基本を磨いていっていただけたらと思っております。

今季のテキストは、メインクラスは落語の『たちきり』、プロクラスは岸田國士の『驟雨』です。
どちらもいいお話、そしてなかなか手強いホンでもあります。


『たちきり』は、登場人物それぞれが筋運びの起承転結を担って出てくるので、
役の役目がハッキリしているのですね。
落語だけあって、聴き手と語り手が明確に分かれている。

お話全体の中で、どの役がどんな使命を持っているのか、
その使命をまっとうするために、どんな気持ちの変遷を表現しなければならないのか、
一度ノートに書き出してみるといいかもしれません。

第二週では「場」を抽出し、パートごとにテーマを明確にしたわけですが、
同じ作業を、登場人物に対してもほどこすということですね。
気持ちや言葉が相手役にどう影響して、どうこの物語を形作っていくのかを、考える。

読解の基本はまずこの作業からです。
これが出来るようになると、俯瞰が身につきます。


『驟雨』は、構成的にはもっと複雑。
ダイアローグ(会話)によって出来事を浮き彫りにしていくホンです。

なので、嘘をやると途端に何の話かわからなくなる。
独りで芝居したり、形でやっていては、決して出来ない恐ろしい〜ホン(笑)なのです。

会話の熱が嵩じることで、どれだけ調子付いて脱線していくか、
乱暴な一言でいえば、人間のそういう笑える習性を描いているホンなので、ね。

ダイアローグ劇の面白さは、相手からの影響を即、受けられるところにあります。

いくつもある長ゼリも、相手に向かって自分の意見を言う“切れ間のないお喋り”なわけで、
聴き手は待たされている間に喋りたいパワーが溜まってくるから、
次の会話は丁々発止なものとなる、
というような芝居のリズムが、おのずと生まれるわけです。

相手に状況を語って聞かせる『たちきり』の長ゼリとは、ここが違います。
『たちきり』は聴き手がおとなしく聴いているのが前提(独りで語る落語だからこれは当然)、
でも『驟雨』の聴き手はいつ割って入って来るか分からない(普通、会話ってそうですよね)、
だから喋りが長くなるほど熱量が高くなっていくわけです。


これはすべての役作りに言えることですが、大事なのは役のリアルから離れないことです。
リアルとは、ひとこと一言にちゃんと実感があるということ。

実感が摑めるまで、その一言を追いかけ続ける。
苦しい旅だけど、これほど極上の謎解きもないかもしれませんね。
発見はそのまま、自分の中の未開の地を開拓することになるのですから。

さあ、今週はどんな楽しみをみつけられるか、それはあなた次第。
まわりをよく観てネ。
わたしもがんばります〜。






posted by RYOKO at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016秋クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする