2017年02月23日

解釈ってやっぱり「核」なのよ

pandra06480.jpg

劇団離風霊船ザ・ポケット公演『パンドラの悩み』
ご来場くださいましたみなさま、 本当にありがとうございました。 

終わりました〜。 
暮れの稽古初日から千秋楽まで、日を追うごとにハードになっていった、
とてつもない公演でございました。 
 
今回はリブレには珍しい、いやもしかしたらほぼ初?か? 
というオムニバス形式の3作品。 
第一話『駆けつけ警護』 
第二話『異邦人』 
第三話『自信のない男』 
 
山岸はこの第二話に出演、
劇中でタイトルになっている「パンドラ」というワードが何度も出てくるし、
作品全体のテーマ曲がまた “異邦人”だったりということで、
なにげにあからさまな(笑)プレッシャー感じつつ、
また役が役でしたのでねえ〜、
冗談抜きで身体のコンディションを整えるのが仕事の大半という過酷な現場で…
 
もうあのセリフと切り替え芝居のおそろしい圧力から永遠に開放されたと思うと、
ほんっっっっとにホッとしてます〜。
 
早乙女純子という2017年の裕福で幸せなご婦人の脳内に、 
早乙女ヒナという2217年の反乱軍の女戦士が突如タイムリープ。
全編に瞬時の切り替えを要求された二役でした。 
 
そう、ヒナさんは人類を支配するAIパンドラの魔手を命がけでかいくぐって、
一か八かの決死行で200年の時をさかのぼって来た、戦士、だったのですよね。 
 
初めはここがわかっていなかった。 
 
周りから、二人の人物を演じ分けるなんて簡単に出来ることじゃないんだから、
違いは見せないほうがいいと言われて、
キャラの差をつけずに進めてきた稽古でしたが、どうも違う…
 
その違和感は日に日に大きくなり、
小屋入り直前のオフの日にもう一度ホンをよく読みなおしてみた。 
 
そうしたら、ヒナという女の思いが、 
自分の先祖の造ったAIが人類を窮地に追いやってしまったことへの悔恨が、 
そこからなんとしても抜け出さねばならないという強い意志が、情熱が、
自己犠牲の思いが、 
せつせつと胸に迫ってきた。 
 
そうしたら、ねえ、純子と同じ、しおしおとたおやかに女らしい、
そんなところで生きている人じゃないと確信しちゃいますよね。
そうしたら、もう、演じ分けも何も、そんな役者の技術の問題でなく、
まったく違う人物になって当たり前じゃないですか。 
 
本読みって、解釈って、本っ当に大事だわ〜。
 
台詞の繰り方と演じ方ばかりに追われて「物語」を全然読めてなかったんですね。 
ホンの中に、ヒナと純子の思いが、これだけちゃんと書かれてるじゃないかよぅ、
小屋入り三日前の、この土壇場での発見。
間に合って、ほんとよかった!
 
後はもうヒナさんの意思に山岸の心を預けてみたのです。
あなたはどうしたい? 
どんなまなざしでものをみつめたい? 
どんな声で何を話しにきたの? 
あなたの必死の思いは、どんな身体の動きを呼ぶの? 
 
写真は、自分で作った純子とヒナの切り替え用設計台本です。
普段は明かさない企業ヒミツですが(笑)
この教室にご興味を持ってくださったあなたのために、特別公開です。
 
ヒナさんの強い意志、その流れをこうして書き留めてみたら、
女二人の在り方が通っちゃった。 
どうしたらよいか困惑していたラストのオチまで、ハッキリつけられた。 
 
オフ明けの稽古ではこの設計図を抱いて、いきなり、
さながら宝塚の男役のような、強い強いヒナさんになりました。
男っぽい女を意図したわけではなかったんだけど、自然とそうなって、
そうなるほどにしっくり来るのを感じました。 
 
それまで何十日もかけて造ってきたもの全部、一日でひっくり返しちゃったんで、
みんな相当に驚いたと思います。
 
バッシング覚悟だったけど、もうそんなものどうでもいい、
誰が何と言ってもあたしはこのヒナさんを生きる、そう決めていたので…
 
そうして、ラストから二つ目のセリフ、 
 「パンドラがなくなった世界がどんなせかいなのか、ママ、楽しみだわ」 
これはもうどうしても泣きながらしか言えないセリフになってた。
自分でも意外でしたけどね、自然に感極まるところまで行けるとは。 
でもそれをみて、もう何も、誰も、言いませんでしたね。 
 
その瞬間、この物語の感動点がハッキリ解かったのです。
すべてこの一点に向かって昇っていけばいいのだと。
 
そうして、現場の空気も…この作品と自分の役に対するそれぞれの覚悟…も、
その時からガラッと変わった気がしました。 
あたしが失敗の出来ない旅に出たことを感じてくれたからではないかと思います。 
自分も続くと、思ってくれたからではないかと。 
 
本当に本気になると、人間ってほんとに周りの音はどうでもよくなるんですね。 
そこからは、いつも真っ直ぐ前しか見ていなかった。 
ヒナさんが日常にもしょっちゅう入ってくるの、感じてました。 
そうして、そんなヒナさんが現れてくれたから、 
純子さんもどんどん生き生きと喋るようになっていった。

ギリギリまで純子の感情のままで居て、
限界の寸止めでヒナの心と身体に切り替わる、もちろん逆も真なりで、
これがまた対立した考えの二人なものだから、
ほんとにも〜、この身を入れた切り替わりの度に寿命が縮んでましたが(笑)
お客様はすべて爆笑してくださいました。

何よりなによりのご褒美。
役者のカタルシスはそこにこそ有り、そこにしか無い。
でもそれは特大のそれで、削った命を倍にして戻してくれるのです。
 
いとしい愛しい、二人でした。 
出逢えて、本当によかった、たいせつな作品になりました。
  
 
 
とまあ、ことほどさように、
「解釈って、やっぱ役づくりの核よ」 という長〜い例えでした(笑)
 
3月6日からは、本読み教室もいよいよ春クラスが始まります。

余勢を買って、King of comedy ニール・サイモンの戯曲に挑戦。
凄い楽しみです〜♪♪♪
 
『パンドラ…』で摑んだもの、ぜんぶ、
受講生さんにさしあげますからネ!

無料体験もできますので、みなさんどうぞお気軽にいらしてください。
 
 
山岸