2015年11月19日

音の魔術、官能の発見

kao18.jpg

全編エキゾチックな『顔』ですが、先週はなんと和のテイストを試しました。
それも、劇中もっともセクシーなシーンで。

受講生さんの中に京都ご出身の男性がいらしたので、例のイケナイ貴公子、
京野精一を京都弁のアクセントで読んでもらったのです。

関西の声音は、女を口説く局面では最強のパワーを発揮しますからね(笑)


 京野失礼ですが、奥さんは土屋三郎君のお姉さんじゃありませんか?
 園子いいえ。
 京野
そうですか。それはどうも・・・。小倉と言うのは僕の友人なんですが、ちょうどその姉さんが土屋という姓になっているという話で思い出したんです。
 園子土屋なんていうのは、ざらにありますわ。
 京野そうでしょうか。でも、姉弟のように似ているというのは、そうざらにはありませんよ。また、失礼かもしれませんが、小倉っていうのは、奥さんそっくりですからね。

気位の高い年上の人妻、園子が京野のペースに絡め取られていくシーン。

「そうですか」の語尾の、ふわっと宙に放り上げるような関西ならではの音が、
するりと猫のようなやわらかさで耳に忍び込んできます。

「それはどうも・・・」の余韻には言葉以上の含みがかもし出され、京都弁独特
のゆったりした間合いが「奥さんそっくりですからね」というセリフに心地よい
粘り気を与えて、園子に対する距離が標準語よりはるかに近く感じられました。

あのアクセントでゆっくり話されると、耳が聴きにいっちゃうんですよね。

なんなんでしょうね、ごく普通の問いかけなのについ従順になってしまうような、
ある種のスリリングさがあって、ちょっとゾクリとする。
あれは不思議な感覚です。


そんな京都の音にしたことで、京野の女馴れしたちょいワル王子ぶりが鮮やかに
なり、壁ドンならぬ壁ジリジリ(笑)といった大人のエロティシズムが匂い立つ
シーンになりましたよ。

京言葉などという雅は、異国の香りがあふれるこのホンにはまったくはまらない
水と油かと思いきや、明らかに違う階層に生きている人物だということまで見え
てきて、作品の奥行きがリアルに感じられたのが面白かったですね〜。

こういうことは、教室ならでは実現できる試みですよね。
他の役も別の地方の言葉に変換したら、また違うものが見えてくるかもしれない。
それ、かなり楽しそう〜♪

先週まではクラスの男女比がくっきり分かれてしまっていたので、土曜昼クラス
はレスボス島のごときたおやかな様相(笑)でしたが、今週から男性が参加され
ますからいよいよ京野と園子のパートに入れますヨ、おたのしみに。


方言というものはセクシーなものです。
標準語のような均し加工がされていない土地の気分・ノリに根ざした言葉なので、
取り繕いがない分だけ官能的なんですね。

お国言葉を持っているのはバイリンガルってことですから、役者には強味ですヨ。
きれいな標準語を話すのと同じぐらい努力して、失わないようにしてくださいね。

くだんの京都弁も、初め標準語モードが残っていた時にはならではのセクシーさ
はまだ出てきていませんでしたから、気分を変える仕掛けが必要なわけで、そこ
でモノを言ったのが体内時計だったわけですね。

役の時計の問題、ね、忘れないで。
自分との間に乖離を感じたら、ひとまず身体で調整しましょう。
スウィングだけじゃないですからね、るいのセリフなどは8ビートや16ビートも
必要ですから、クール後半戦ではその域にも入っていく予定です。

…受講生さんじゃない方々には、何のことやら???ですよネ。
いやいや時には、こうして企業ヒミツもまぶさないとってことで(笑)
ご興味があるかたは、いつでもお気軽に遊びにいらしてください。



さあ、11月も第三週ですか、秋もいよいよ絢爛ですね。

まさかこのホンの話で、和の扉絵を持ってこれるとは思ってなかったけど、
これも受講生さんたちからいただいた、ゆくりなき美しい進歩です。

燃え映ゆる錦の河を、時の舟に乗って、ゆるりとのぼっていきましょう。





posted by RYOKO at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 『顔』を読む! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

京都弁ですか!聞いてみたかったですー!関西訛りは男女問わず人気ですからね!その中でも京言葉は上品さや色気があるので、京野にとても合っていると思います!

私の東北訛りは、るいか女で発揮できそうです。役作りにもよりますが、素朴な田舎娘感は出せると思います!(笑)

今週もよろしくお願い致します!
Posted by けいか at 2015年11月20日 15:37
コメントありがとうございます。

先週は京都の京野君に会えなくて残念でしたネ〜。
今週こそ、うぇいとぁちゃ〜んす、うぃず a ドキドキ!(笑)

しかし、あれはもしかしたら彼特有のものだったのかも…と思ってはたと気づきました、
園子にも語りにも使えると思う、あなたに付け加えたらいいものがわかったわ!
うぇいとでぃすうぃ〜く、うぃず a ドキドキ!(笑)
Posted by RYOKO at 2015年11月23日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック