2016年03月03日

勝って、しかも負けるという術…

d_RMono.jpg

■第三幕 第二場 104ページ

   ジュリエット
  教えて、汚れなき二人の純潔を賭けたこの勝負に、
  勝って、しかも負けるという術を。

原文:
Come, civil night,
Thou sober-suited matron, all in black,
And learn me how to lose a winning match
Played for a pair of stainless maidenhoods.

現代英語訳:
Come, night, you widow dressed in black,
and teach me how to win my love so that we both can lose our virginity. 


原文の大意を直訳すると、
「初体験に臨む二人が、この勝ち試合で(ちゃんと)喪失する方法を学ばせて」
ということだと思うのだけれど…

原文では「how to lose 」=負け方 になっているのが、モダントランスレーションでは
「 how to win 」=勝ち方 にひっくり返っているところが、軽く気になりつつ。。


上に記した教室テキストは、3人の翻訳家さんの文を混ぜたものなのです。
どれも帯に短し…だったので。


       教えて頂戴、穢れない二つの操を賭けたこの勝負、
       どうしたら失うことで勝利できるのかを。
河合祥一郎:訳 


 意味は分かりやすいのだが訳としてあんまり面白くない(個人的感覚)。
 操って、、なんか急にババ臭くなってジュリエットの心情に乗れなくなる(笑)



       二人の汚れない純潔を賭けたこの勝負、
       どうしたら勝って負けられるかを教えて。
松岡和子:訳  


 前半は詩的に美しい整いがあるのだが、後半はあっさりしすぎて意味が弱い。
 (個人的感覚)
 勝って負けられる?? 何のことやらと原文と河合版を引いて超訳かぁ!と。
 しかし普通に一読しただけでは謎のラインとしてスルーされかねない。
 ここ、けっこうポイント高い台詞なので、困りたものよと。



       お願いだわ、
       純潔無垢の処女と童貞と、その二つを賭けたこの勝負に、
       勝って、しかも負けるという術を教えてもらいたいの。
中野好夫:訳  


 前半の意味はもっとも分かりやすい、がこんな身も蓋もない台詞いうの嫌(笑)
 「勝って負ける」が二本出てきたことで、どうやらこれが邦訳のベーシックらしい。
 どうせなら中野さんの後半の美文調をいただくことにする。


というわけで、
日本語訳には英文の直截な内容以上の哲学的な何かがありそうに思えて来まして。

天下の名訳家たちが雰囲気だけで言葉を選ぶとは思えないので、
「勝って、しかも負ける」からは恋の深淵が覗けそうじゃありません?


恋愛において、「勝って、しかも負ける」とは、どういうことか。。

二人が初めて一つになるという時、運命というものも含め、
何に勝ちたくて何に負けたくなるのか。。


そのあたりを考えて、イメージを広げていただく、
これが今週の宿題です。
それぞれの恋愛観が見えてきそうで、面白い謎解きになると思います。
(^o^)v

私はこの先をせっせとリライトしますので、
まだ未読のシーンを中心に、あなたの疑問や解釈を持ってきてください。

ジュリエットもですが、特にロミオの狂乱っぷりがかなり謎です。
なんであんなに悶絶して、追放という処遇に恐怖したのか。。

そして、あの美しくも有名な別れのシーンですね。

恋するひとを残していく。
恋しいひとの背を見送る。
ひばりの歌で追い立て、引き剥がす、残酷な朝。

その時あなたならどんな激情におそわれるか。。

おうちで追体験しておいてください(笑)








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434533810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック