2016年07月18日

本読み教室、リーディングデビューするの巻

image4ca.jpg

16日は、岸田國士の 『隣の花』 のドラマリーディングをしてきました。
本読み教室の世間さまデビューです。

自由が丘にある、小さな教会のような瀟洒なスペースで、
手作りのカップでコーヒーを飲みながら文芸に触れましょうという、
陶芸教室さんのイベントにお呼びいただいたのでした。

急なお話、かつ、夏の土曜の午後にゆったり憩うセレブなみなさまがお客さまですから、
3月のおさらい会で発表していた 『隣の花』 なら、
色気のある大人の物語だし、すべてにおいてベストバランスの一択ということで、
教室メンバーに出動してもらったのです。

とはいえ公演ですから、見せる朗読に仕上げないとならないわけで。

トータル6時間というとても短い稽古時間のなかで、
役の心情のリアルを表現にまで立ち上げて、演出もしっかり覚えて、
という作業は、演者にはかなりハードだったはずです。

容赦なく飛ばす山岸の無体な注文に、早い理解でついてきてくれたのは、
春のクラスでこつこつ積み上げた、時に身体も使って探った解釈が、
この芝居のベースとしてみんなの中で共有されていたからですね。

つけた演出は、ここぞという時以外はどの役も客席を向いたまま、
役者同士のコンタクトは取らない、いわゆる様式美を追う形にしました。

朗読は、読み手とお客さまの想像力とのコラボレーションで成立するものです。
これ、演劇の、いや芸術の本質ですよね。

だから朗読って、実はそんな簡単なものじゃない。

まして岸田國士の作品は、
日常に隠された心情のうねりが緻密にあぶり出されていく世界なので、
ウソを演ると何も伝わらなくなる、おそろしいホンなのです。

これを言葉だけで成立させようというのですから、
演じ手は、実はけっこうな難度を要求されることになるわけで。

朗読は俳優を鍛えますよ〜。

この、お客さまの想像力に訴える原点回帰を、ちゃんとやりたかったので、
動きは物語の山場を届けるための、座るか前に出るかの最小限に抑えたのですね。

女優陣の衣装には見る楽しみを加えて、わかりやすい遊びを入れました。
いわゆる、花と竹垣?(笑)
とにかく 「シンプルの美しさ」 だけを考えた演出にしました。

実は通し稽古はできないままの、まさにぶっつけ本番だったので、
大丈夫か…という不安も、正直あったのだけど、
とんでもない。

本番のメンバーはみんな、驚くほど澱みない気持ちのいい口跡で、
丁寧にダイナミックに、ちゃんと役を生きて見せてくれました。

女優さんはみんなとってもキレイだったし、男性陣はセクシーだったし、
狙い通りの品格を出しながら、それぞれにフレッシュな弾けっぷりも見せてくれて。
本番の役者というのはやはり大したものです。

主祭側のご都合で、前編後編15分ずつの構成に分けたのですが、
始めがさついていたお客さまも、ある時点からクッと集中され、
あとはずっと、この静かな時間をたのしんでくださって。

後編に入ったら聴きに来られる方が増えていたのも、うれしい現象でした。
うちのE頭さんなど、美人のおくさまに 「素敵でした〜、いいお声ですね〜hartvage12.jpg
とプチ出待ちなどされてましたし。(^o^;)

本当にみんな、よくやってくれました、デビューは大成功でした。
というわけで、終わって心底ホッ。。
とする間もなく 「またやりたい〜」 の大合唱。(笑)

いや、確かに面白かったですもの。
今後、教室でこういうサロン演劇といった場の常設を、
ちょっと真剣に考えようかなと思ってます。

本読み教室はじめての夏は、こうして少しずつ、場が広がってきています。
これも出会ってくださったみなさんのおかげです。
ありがとうございます。

さあ、週末からはいよいよ夏のクラスがはじまります。

今季はどんな方が仲間になってくださるでしょう。
お時間があったら、一度お気軽に覗きにいらしてください。
みんなとっても楽しみに、あなたをお待ちしています。








posted by RYOKO at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 教室イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
お知らせくだされば見に行ったのに、
残念!
またコラボ私もしっかり準備しておきます!
Posted by ロコ at 2016年07月19日 09:22
あらま、ロコさん!コメントありがとうございます。

そうか個別にご連絡すればよかったですね〜、
シマッタぜ(^ ^;)ゞ

最近、コラボの魅力にハマりはじめてて。
教室を持ったおかげで、
いろんな方面のかたと幾らでも面白いことが出来るんだと気づいて、
ものを見る眼が変わってきたのが楽しいです。

ロコさんとも、もっと大きくやれそうですよね。
私もその気で考えを転がしていきますからネ〜♪
Posted by RYOKO at 2016年07月19日 11:28
リーディング劇お疲れ様でした!
写真をみるだけでどれだけ素敵な空間になったか伝わってきます!
私も観に行きたかった、いや、本音を言うなら出たかったです!笑
第二回こそは参加させて頂けるように頑張ります!
Posted by あやか at 2016年07月20日 20:22
あやかさん、コメントありがとうございます。

うん、みんなとても素敵でした。
たまにこうしてお客さまの前に出るのは大きなことですよね。

座学では得られないそれぞれのポテンシャルを引き出してもらえて、
それがまた教室のモチベーションを高めてくれるという好循環が回り始めたようで。
すっかり欲深くなった面々は、今度はこれを芝居でやりたい!と野望燃やしてますよ(笑)

今季はまた相当にやり甲斐のあるテキストなので、何が飛び出してくるか、
今日(いよいよ今日!)からがとてもたのしみです。

早く戻っといで〜!みんな待ってるヨ(^o-)-☆
Posted by RYOKO at 2016年07月22日 02:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック