2016年08月07日

待ちわびて…

komachicap11c.jpg

大勢でする解釈の意義は、未知の見方を得られることにある。
他者との感覚の違いを知ることが自分の解釈を生み出していく。
逆に、自分にはない感覚を入れることでいかに瑣末に固執していたか分かったりもする。

それは相手役との響きあいから到達できる、独りで考えていてはわからなかった世界。
稽古の現場では積み上げた自分のプランを一旦捨てて向かえと言った理由はここにある。
芝居は総合芸術、どこまでも相手あっての物種なのだ。

相手からもらう、人の考えに染まってみる。
この柔軟性が、どんな現場・相手でも化学反応を起こせる魔法をもたらす。

春のロミジュリクラスではその化学反応を体験したわけだが、

このホンにも同じ魔力が忍んでいる。

ワルツを踊る。
二人手をつないだまま佇む。
手を取られて慄える小町。

この3シーンがその場所。
このとき、二人の手には何が起きているのか。
手はどんなことを語り合っているのか。
それはその二人だけの公然の秘め事といってもいい。

身体はあなどれないものだ。
相手の肉体を感じることで思わぬ感情が吹き出して来たりする。
たとえば相手の手の熱さ、力、湿りけ、指が伝えて来る意志。

こういうものを無視しては本当の解釈には至れない。
動作を実際に相手としてみると、驚異的なエモーションが生まれてくる。
これがケミストリー。

忘れてはならない。
ト書きに書かれていることは動作。
台詞を追うだけになりがちだが、動きをイメージすることで思わぬものが見えて来る。
解釈とはイメージ力を喚起することなのだから、何よりのヒントはト書きにこそある。


演じ手の解釈はあくまでドラマに向かうことにある。
物語のどこに感動をおぼえたか、その感動をどうやって体現していくか、
そこに解釈の肝がある。

その解釈にドラマはあるか。

観客はその解釈に感動できるか。

俳優はそれのみを追求し、決してそこから離れてはいけない。
もしも疑わしくなったら、それはまだプロセス、あなたの真実の解釈ではない。



□□ READ by Yamagishi □□

老婆が拾い集める「吸殻」に対して、受講生が画期的な発見をした。
これは何かのメタファーに違いないとは、講座の中でも出ていたのだが、
小町伝説に当たってみて、彼女は思わぬ拾い物をしてきたのだ。

古の男と女は歌のみで相手と往還し、実際に会うのは結ばれる際(きわ)が初めて。
暗い灯火の元なのだ、顔を見るのは下手をしたら事後の朝になってからかもしれない。
つまり、百夜通いはおたがい未だ見ぬ人とのあいだでおこなわれていた。

小町はいったいどうやって、少将の九十九夜の訪れを知ったのかが不思議だった。
下人にでも見張らせていたのか…しかしそんな無粋は物語にふさわしくない。

何かあるはずと思っていたのだが、あったのだ、やはり。
少将は真夜中、小町の家の門まで来ては、木の実を置いて帰っていたのだ。

朝になって、牛車を停める榻(しじ)の上に、ぽつんと置かれた榧(かや)の実のひと粒。

それを手にして、小町は夜毎の訪れを知っていた。
ゆうべも来た。
ゆうべもまた。
ゆうべも。。

の実は増えていく。
籠に半分にもなった頃には、少将の思いはきりきりと胸に迫るようになっていただろう。
そうしてそれは、いつしか小町の中でも祈りにも似たものに変わっていったのではないか。
来て、百夜。
わたしのもとへ、必ず、無事に。。

百夜通ってくれたなら、百夜の真をくれたなら、わたしは喜んであなたに抱かれる。
これまでの誰もが果たせなかった愛の証を、あなたが立ててくれるというなら、喜んで、
初めてのわたしをあげましょう。
だからお願い、無事に、わたしの前にあらわれて。。

そうしてその夜が明けたとき、榧の実は無かったのだ。

小町はどれほどの衝撃を受けたろう。
ここまで来て引く、そんな男だったのか、そんな男に私はこころを預けてしまったのか。
悲しみに取り乱れながら、小町はすぐさま別の予感にハッとする。
何かあったのでは…
何かがあのひとに起きたのでは?

閉ざされた雪の中でか、流された川下でか、貴人の遺骸がみつかったと聞いて、
小町は駆けつけたにちがいない。
人前に姿を晒さぬ高貴な身分の女が、止むにやまれぬ思いのままに。
けれど小町は少将を見たことがないのだ、いったいどうやって分かるというのか。

榧の実を握っていたのだ。
その遺骸は、しっかりとその実を握りしめていたのだ。

やっと逢えた、そのひとが。。

これほど悲しい恋があろうか。

待ち針。
糸が通せない針。
それは本当は、小町針と呼ばれていたのだという。

男たちを袖にし続けた小町には穴がなかったのだなどという口さがない噂が落した、
針の名前。
しかし。

永の後生を、小町は少将を弔うことのみに生きたという。
少将が残した榧の実を、通い路の道の辺にひと粒ずつ植えて。
榧はまたしかし、大樹になるまで300年もかかる樹なのだそうだ。

小町が住んだとされる京都山科の随心院までの道は不成就道と呼ばれ、
受験生や恋する人々は今でも決して歩かないのだという。

komachicap12.jpg

深草少将は百夜通いの冷たい暗闇のうちに病み疲れ、であればこそ尚いっそう、
恋に憑かれていく。


恋をして、まるでシャガールの絵のように地上から浮き立つ恋人同士の在りようは、
誰もが憧れるもの、だがしかし老婆はそれを死んだ姿だと言う。

老婆にとっての「2本の足でしっかり踏みしめる」現実は、100年少将を待ち続けること。
待つことが老婆のまごうことなき現実。
浮かれず、呼吸をしながら、ひたすら待ち続ける、それが現実。
それも恋。
それが恋。

恋の時間は一瞬の夢、甘美なメロディが消えれば急に我に変える。
しかし小町の恋は夢ではない、今待っているそのことが現実であり、
小町の現実は恋そのもの。
一瞬で消える儚い夢ではない、永遠に終わらない現実、それが小町の恋。


小町の年齢はいつまでたっても99歳。
百年経とうが千年経とうが99歳で止まっている。

99は百夜通いが途絶された数字。
だから小町はそこで止まっている、心はそこで死んでしまった。
だから小町(老婆)の現実は、
詩人からは信じがたい「生き甲斐のない」希望や憧れの光がいっさい射さない時間。

老婆はそれでいいのだ、九十九夜ときめきの中で生きたのだから、
それ以上のものなど起こりうるはずもないのだから。


komachicap06.jpg

小町にとっての奇跡とは、なんであったろう。

百日目からさきの生の甘美は、少将を失った小町にとっては俗悪でしかない。
あの人がこなかった。
あの人が、しんでしまった。。
その夜を境に、小町の心はいっきに99歳の老婆になってしまった。

伝説上の小町は少将に、悪いことをした、なんてむごいことをしてしまったのかと、
悔やみ続けたろう。
その悔恨は、残りの生涯を少将の弔いだけに生きたことと共に、
純化され本物の純愛に変わっていったろう。

穴の無い女、小町、絶世の美女でありながら処女のまま果てた小町。
普通の恋愛が待っていたはずの人生が、
少将を亡くしたことで、本物の純愛という厳しく孤独な道になった。

肉欲の絡まない恋が純愛だとするなら、
その後の小町の弔いに殉じた在りようはこれ以上ない純愛だろう、
対象を失くして尚、残りの生涯を脇目もふらずその人だけ愛し続けたのだから。

それは男にとっての理想ではないだろうか。

以前、『貴方と嘘と夜と音楽』という芝居を書いたとき、
去った男に13年とらわれてしまったヒロインに対して、その男を演じる俳優が、
「彼女は別れてから一度も他の男と関係していないと思う」と言って、
生身の女がそんなわけないだろうが、と女優たちにツッコまれたのだが、
彼はそれでも納得していなかった。

あなたただ一人。
男が求める女の姿はあまりにも身勝手。
それはそのまま、言いたいことを言って勝手に死んでいく詩人の在りようそのままと、
言えなくもない。


多くの男に求められる女は、どんなことを考えるか。

komachicap13.jpg

気づけばあっちの男からもこっちの男からも愛されている。
それはさながらレースの趣。
ゴールにいる自分に向かって、ひたぶるに駆け競ってくる駿馬の群れ。

ゴールがどこにあるのか、何をしてゴールというのかは男には分からない。
女自身にも確かなことはわかっていない。

ただ、日毎、時毎に近づいたり離れたりする男たちの中にいて、
それこそ命を懸けて、「あなたのためなら何でもする」と言ってくれる人が、
その人なのかもしれない。

男は二言を嫌う生き物だ、しかし実際この言葉を口に出せる男はそうはいない。
大人の、おんなをよく知っている男なら尚のこと。
自分の言葉を欺くことが、本物の男にはもっともこたえる。

だからこの言葉は、本気の恋でなければ決して口にはしない。
それを分かっている女は、男を許してやれる、たとえ刹那に終わったとしても。

そんな本物の男揃いになったとき、女はどうするか。
ただじっとそこに居て、男たちの動きを見守るしかないのだ。

ハードなお題をしつらえて、どの男が乗り越えてきてくれるか、
最後まで本気を貫いてくれるか、眺めているより手だてはないのだ。
男は勝ち取るのが性(さが)なのだから。

手に入りそうで入らない、そんな存在は男にとって現実以上の気高さを纏う。
そうして男は本気を傾けてしまう。
場合によっては身の不幸に繋がると分かっていても、納得いくまで止まれない。

百夜通いには何十人という男がトライしただろう。
ある者は三十夜で、ある者は五十夜で、小町の前から消えていった。
人気のない暗闇の中、ひっそりと訪れては榧の実を置きにいく、
それだけを続けるなど、現実を生きる男には馬鹿馬鹿しくなって当然の壁なのだから。

しかし女には、その馬鹿馬鹿しさこそが真実を見る鍵なのだ。
だからこそ、小町は100粒目の、置かれなかった榧の実に衝撃を受け、
永の後生を清い身体のまま、彼岸に生きる存在となったのだ。

ちゅうちゅうたこかいな……

吸殻は榧の実。
数えて、待ちわびる、永遠のループ。

最大の謎である、あの「もう百年!」が、また少し変わって見えてきた。




posted by RYOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小町という女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440822817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック