2016年12月23日

響く会、おさらい会

20161218ac2.jpg

2016秋のおさらい会、無事に終わりました。

昨秋の開講以来三度目ですが、今回は新しい試み尽くしの会になりました。



*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
まずは何より、東啓次郎先生をお迎えして、生の和楽器とコラボレーション出来たこと。
詳しくは後述しますが、本当に想像以上の素晴らしい瞬間でした。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
そもそも見ず知らずの演奏家さんをネットで募集したなんてことも、初めてでした。
こんなに上手い運びになるとは予想していなかったので、
今なお狐につままれた感が残りつつ、味をしめそうになっている自分を戒めています(笑)

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
そして稽古場に照明を入れてもらいました。(リブレ江頭さん多謝!)
やはり白々した蛍光灯の下で読むのとは、みんな集中度が格段に違ったようです。
ギャラリー席が暗いというのも新鮮で、観る側の記憶もより刺激された気がします。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
また今回は、自然発生的にお客さまが何組もお越しくださったのです。
啓次郎先生もお呼びになってらしたので、入れ代わり立ち代わりどなたかがお見えになり、
ミニシアターのような風情になったのが、今後の展望を開いてもらえた嬉しい誤算でした。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
それから、現役受講生さんの数が一年前の1.7倍に増えたこと。
初めましての人々が、休憩のたびに交流の輪を広げていく様を垣間見て、
ああこれは教室のおさらい会という以上のソシアルな場になったんだな、と実感しました。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
そうして、『驟雨』という一つの作品に朗読と芝居の贅沢な二つのアプローチが出来たこと。
このクラスから学んだことは本当に多く、大きかったです。
正直凄く辛かった、だからこそ教室の新しい柱としてこれを立てて行く希望が得られました。



初めてと初めてが出くわし響き合う、おさらい会とはまさに、ジャズセッションなのです。
その白眉が、東啓次郎先生との出会いでした。

8年前、横浜テント公演の幕末時代劇で、龍馬の愛人おりょうを芸者で演った自分は、
都々逸もどきを唄った経験があるので、
生のお三味一本がどれほど大きな音を出すものか、知ってはいたのですが、
稽古場に響くそれはまた、まるで違うものでした。

 先生のお三味、そして地唄を聴いたとたん、
 板の上の受講生たちの目の色がクッと変わって本域に入った。

 あの瞬間は、わたし、一生忘れないと思います。
 先生の本気の芸のお力で、彼らの役者魂の底が上がった瞬間でした。

啓次郎先生には、こんな御礼を申し上げました。
あたしこそがご一緒したかったという、
いちおうまだ現役を張っている役者の悔しいジェラスとともに(笑)

というわけで、久々の動画アップでございます。

機械音痴にもほどがあるため、当日まともに撮れていたのは『たちきり』墨田班のみ。
神田班と『驟雨』のみんな、ごめんね〜!゚・(T T)・゚゜°・
てかこれだけでも先生のお姿が納められててほんとよかった。

百聞は一見にしかず。
クライマックスのみ3分ほどのお披露目です。

演者もギャラリーも鼻すすってますね。(笑)

よいお話でした。
思えばこれは、
今回も高座をしてくださった亜呂波亭ロコ輔さんに教えていただいた噺だったのでした。
ひとさまのご縁とは、かくも美しき結びの彩を放ってくれるものなのですね。

今季ご参加の受講生さんたちは、みなさん、次回もとおっしゃってくださっています。
わたくしに頂戴した、何よりのご褒美です。

それもこれも、芸に真摯を尽くされる大人の男性お二方の、お力添えのおかげです。
そして、この教室を面白がって遊びに来てくださったお客様がた。

みなさん、本当にありがとうございます。

おさらい会の翌日から、私は余韻に浸る間もなく母船の稽古に入っております。
受講生さんたちも、すでに次の現場に旅立っている方が大勢います。

大晦日まで、あと七日。

いろんな人と出逢って、いろんな本を読んだ。
たぶん二度と…逢えない人もいる。
明日もあると、言ってくれた人もいる。

切れる縁。切れぬ縁。

本当に、早い1年でした。

うららかな陽光ほのめく、春浅い三月に、また、
ご一緒してくださる?
いやじゃない?

(笑)

あらあら かしく。


諒.







posted by RYOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016秋クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック