2017年01月03日

あけましておめでとうございます

2017.jpg

新しい年が始まりましたね。

みなさま、どんなお正月をお過ごしでしょう。



本読み教室も、おかげさまで昨年は本当に充実した1年になりました。

2015年秋の『顔』から始まって、
『隣の花』 『芝浜』 『ロミオとジュリエット』 『卒塔婆小町』 『たちきり』 『驟雨』 と、
気づけば7つの物語をひもときました。

どの作品も本当に、書かれていたのは驚くほど清らかな世界でした。
知れば知るほど究め足りない思いがするのは、公演の稽古と一緒ですね。

解釈したいホンは、あとからあとから出てきて、選びきれない思いですが、
さて、今年はどんな旅に出ましょうか。



季節を追うごとに、どんどんたくさんの方と出会えて、
正直、1年後にはなくなっていることも覚悟して始めた教室でしたので、
今こうしてみなさんが笑顔で通ってきてくださることの感慨が、深く身に沁みる新年です。

物語の一つひとつに、思い出す顔があります。
纏っているのは、美しく、いとおしい記憶ばかり。

そうしてお一人おひとり、またきっとお会いしたい方ばかりです。
今、あなたは何をしていますか?



出会ってくださったみなさま、本当にありがとうございます。
そうして、これから出会ってくださるみなさま、心よりお待ちしております。

今年の教室は、春の光がきらめきはじめる3月から、はじめます。

2017年も、健やかに。
また一歩ずつ、進んでまいりましょう。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。




本読み教室 山岸諒子








この記事へのコメント
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になり、本当にありがとうございました。

ドキドキしながら初めて教室に参加した日が懐かしいです。
夏、秋と参加しましたが、たくさんの人と出会い、刺激を受ける、素敵な環境でした。
見た目と声のギャップを言われたのは初めてでしたが、自分の持ち味を知ることができてとても嬉しかったです。

袖振り合うも多生の縁、今年も素敵なご縁に巡り合えることを期待し、今後の公演や3月からの教室を楽しみにしております。
今年もよろしくお願いいたします。

P.S.
職場の新年一発目の打ち合わせで、山岸さんが言ってくださった笑顔を意識して資料を読んだところ「雰囲気が明るくていいね!」と言っていただけました♪板の上以外でも評価されると嬉しいものですね。
山岸さんのアドバイスのおかげです、ありがとうございます!
Posted by みほ at 2017年01月05日 22:40
みほさん、あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

みほさんが楽しそうに通ってきてくださるのは、私の喜びにもなっているんですヨ。
その方のキャラクターを知るほど進むべき道も見えてくるのですが、
見極めまではそれなりに時間をいただくことになるわけで、
続けて通ってきてくださったおかげで、今季はみほさんの新たな魅力を発見できました。
次回3月に向き合わせていただくのが、本当に楽しみです。

職場でのお話、こちらこそうれしいです〜。
日常は役者にとって最強のエチュードの場。
そしてまた、芝居ごころは個人生活や人間関係を豊かにするものでもあります。
理想的な循環に入っていただけたようで、頼もしくも心強いです。
人生開けますからね(笑)その調子で面白がって使ってください。

実は昨日から風邪で寝込んでまして、今ちょっとラクになったので慌ててお返事しています。
みほさんも、頑張り屋さんだからくれぐれも気をつけて。
ここでお喋りできてウレシかった♪
また気軽にコメントしてくださいネ。
Posted by RYOKO at 2017年01月06日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック